• 2017年11月例会の報告
    2017年11月28日
    年内最後となる11月例会では、安藤和宏(東洋大学法学部教授)に「音楽著作権ビジネスの現状と課題」というテーマでご講演いただき、あまり多くは語られない音楽ビジネスの裏側や最近のトレンドについて、具体例や実例を交えながら非常に分かりやすく解説していただきました。 講師の熱のこもったトークもあいまって、時間ぎりぎりまで大いに会場が盛り上がり、大変有意義な例会となりました。今後もよろしくお願い申し上...
  • 第5回シンポジウムの報告
    知財立国研究会では、2017年10月25日、東京大学本郷キャンパス(情報学環・福武ホール)にて、第5回シンポジウム『元知財部長会議 リターンズ ~企業知財部の本音をさらに語る~』を下記のとおり開催し、多数の方にご来場いただきました。   ◆モデレーター 玉井克哉(東京大学) ◆スピーカー(※は第二部のみ) 足立勝(元 日本コカ・コーラ株式会社 ディレクター&シニア...
  • 2017年6月例会の報告
    2017年6月15日
    本年度3回目となる6月例会では、奥村 洋一(株式会社スコヒアファーマ 代表取締役社長、前武田薬品工業株式会社 知的財産部長)に「カーブアウト・スタートアップ・ベンチャーの第一歩」というテーマでご講演いただき、日本の製薬業界では初のケースとなる新薬開発企業のカーブアウトによる創薬ベンチャーについて、スタートアップの経緯や海外の動向、今後の展望などを中心に、たっぷりとお話しいただきました。 今回...
  • 2017年5月例会の報告
    2017年5月18日
    2017年度2回目の月例会では、守屋文彦先生(金沢工業大学大学院 イノベーションマネジメント研究科 客員教授)に「IoT時代のパテント・トロール」というテーマでご講演いただき、いわゆるパテントトロールの動きに関して、これまでの経緯をふまえた最近の実情を、日本・米国・欧州(ドイツ)の比較等も交えながら、データや実際の事件等に即して解説していただくとともに、正当な権利行使に対する知財倫理のあり方等も含...
  • 2017年4月例会の報告
    2017年4月20日
    2017年度に入ってから初めて月例会では、本会共同代表でもある玉井克哉先生(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)に「デジタル化時代の著作権ビジネスとJASRAC」というテーマでご講演いただき、著作権に関する歴史とその現代的変容について、最近の訴訟や法改正を交えて解説していただくとともに、JASRACに対する誤解と実態を本音ベースでたっぷりとお話しいただきました。 これまでの月例会では技...