2017年2月例会の報告

新年2回目の月例会では、カラペト・ホベルトさん(ブラジル弁護士、Licks特許法律事務所)に「ブラジル知財における現状と留意点」というテーマでご講演いただき、ブラジルの政治経済体制に関する背景からブラジルの知的財産制度について解きほぐして解説していただいたほか、実務における留意点や現在のブラジル特許庁の問題点について、本音ベースでのお話しをたっぷりとしていただきました。質疑応答に至るまで、時折ジョークを交えつつ流暢な日本語でお話しいただき、大変有意義な月例会となりました。

次回以降の月例会の日程や講師・講演内容については、ホームページにて追って発表致します。

新年度もよろしくお願い申し上げます。

知財立国研究会 事務局一同

 File_000

File_002